コペンパーツショップ
コペンパーツショップへようこそ! ダイハツが誇る名車コペン。コペンは電動でルーフが開閉できる軽自動車のスポーツカーです。スポーツカーとしての本領を発揮するために、コペンのチューニングパーツが各メーカーから発売されています。個性的なコペンやスポーティーなコペン、そんなコペンを作り上げるチューニングパーツを紹介しています。


Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Sponsored Link   




 | スポンサー広告  | コペンパーツショップ

コペン用軽量ホイール ボルクレーシングCE28N / TE37

コペン適合ホイールサイズ 5~5.5J P.C.D100 4H オフセット+45


コペン用軽量ホイール


コペン用ボルクレーシングCE28Nの購入ができます。
ボルクレーシングCE28Nはコペンに最適なホイールのひとつです。現在では車のホイールチューニングとしてはインチアップが主流ですが、インチアップはタイヤ全体の剛性を強化し、グリップ性能や制動力を強化できますが、重量増で燃費や加速を犠牲にしてしまう事もあります。コペンのような660ccという非力なユニットでは加速性能の低下は致命的なハンデとなり得ます。ボルクレーシングのホイールは軽量で加速性能の向上、燃費の向上を見込め、エクステリアだけでなくスポーティーな性能も手に入れることができます。



コペン用ボルクレーシング TE37の購入ができます。
ボルクレーシングTE37もコペンにとって最適なホイールといえます。サスペンションより下、つまりバネ下重量の軽量化はそれより上の軽量化の数倍の効果があるといわれています。つまり、車体の重量減をするよりも、ホイールの重量減をした方が効果が高いという事になります。コペンの純正ホイールはやや重めに作られていますので、ホイールの交換で大きく重量減らす事ができます。重量の軽量化はメリットが多く、加速、燃費、制動、コーナリングなどすべての運動性能を向上させることができます。ボルクレーシングTE37なら軽自動車というコペンの長所をさらに生かす事ができます。
スポンサーサイト




Sponsored Link   




 | コペン用軽量ホイール  | コペンパーツショップ

コペンパーツ Dスポーツ純正交換フィルター

コペン吸気パーツ Dスポーツ純正交換フィルター
コペン用Dスポーツ純正交換フィルターの購入ができます。
吸気パーツはスポーツカーの基本チューニングです。通常は吸気と排気をセットで行うのが基本ですが、Dスポーツ純正交換タイプスポーツエアフィルターは、吸気口径大型化で吸入効率をアップでき、純正形状のままなので、エアー流速の劇的な変化はないため、空燃比(A/F)の変化を気にせず安心して使えるというのが利点です。また交換も自分でで簡単に行うことが出来るので、コペンチューニング初心者でも安心です。コペンをチューニングするファーストステップはまず、インテークをスポーツエアフィルターへ交換し吸気効率をアップする事からはじめてみましょう。そこから、自分のコペンをどのようなスポーツスタイルにしていくか...方向付けをしていくとよいでしょう。




コペンパーツ HKSレーシングサクションキッド

コペンパーツ HKSレーシングサクションキッド
コペン用HKSレーシングサクションの購入ができます
HKSより販売されている、コペン用の吸気パーツ...レーシングサクションキッド。交換後はコペンの吸気音は劇的に変化します。アクセルオンで激しい吸気サウンド、アクセルを離すと吸気管圧力が抜ける音がし、レーシーさをアピールできます。レーシングサクションキッドのチューニングパーツとしての正しい使い方は、単体の交換のみではなく、吸気、排気、燃調や点火時期などトータル的にチューニングをすることです。これによって初めてこのパーツの効果が発揮されるのです。実際コペンへの単体装着では空燃比の変化が起こり、マフラー出口にすすがつくという事例もありますので、以上の点を踏まえた上でチューニングを行うべき上級者の吸気チューニングパーツといえます。



Sponsored Link   




 | コペン用吸気パーツ  | コペンパーツショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。